花嫁

結婚式に参加するなら|オシャレな衣装でバッチリキマる

内祝いのポイント

プレゼント

結婚祝いのお返しは、いただきもののお礼という意味合いがありますので結婚式から1か月以内に送るようにします。そして、しっかりとのしをつけて両家の名前を入れるようにします。披露宴に招待する時には、結婚祝いのお返しを贈る必要はありませんが、披露宴が後になってしまう場合は改めていつ頃披露宴をやるかを連絡しておき、お祝いは不要というようにしておきましょう。お返しとして人気のあるものは、タオルセットや毛布など高級ですが使えるものや、高級和牛などのグルメ、スイーツなどです。どのような品物を選んだらよいかわからない場合は、カタログギフトを選ぶ人もいます。ブライダル専用のギフトもありますので、人気になっています。

結婚祝いのお返しについて知っておいたら良い情報はいくつかあります。まず、半返しになるようにお返しをすることです。最近では、インターネットなどで金額を調べられますのでいただいた結婚祝いの金額の半額をお返しすれば問題ありません。結婚式場によっては、結婚祝いのお返しを用意しているところもありますので、ブライダルプランナーに相談してみることも一つの方法です。二人の記念となるアイテムや好みの品なども、結婚祝いのお返しとして採用されていますが、二人の名前や顔写真入りの品物は好みがありますので贈らないほうがよいです。最近では親しい人や会社の人など連名でお祝いを贈ることがありますが、これはプチギフトなど気の利いたお返しをするとよいです。