僕の大好きなED治療薬   >   EDと早漏の関係性

EDと早漏の関係性

関係性

男性特有の症状であるED(勃起障害)は勃起力が失われる症状と言われていますが、実は早漏になりやすいということをご存知でしょうか?
男性のシンボルであるペニスは不安や緊張などの心因的な問題によって悪影響を及ぼすことが多い所です。
EDの原因として挙げられているのは性行為に対するプレッシャーや不安であり、その影響が早漏を引き起こすと言われています。

「射精するのが早い」のが早漏のイメージであり、まさにその通りですが目安はそれぞれとも言われています。
ピストンから射精までの平均的な時間は10分ほどですが、早漏の場合は5分以内、さらに早い場合は1分以内で「ピュ」と出てしまいます。
出すことは可能なので男性は満足できますがパートナーから見ると早漏はあまり良いイメージはありません。
女性がオーガズムを感じる時間は20分から30分ほどであり、一般的な男性でも不満を感じる女性が多いと言われています。
早漏が女性を満足させるのは無理に等しいということです。

早漏と関連性の高いEDですが、この症状を解決することで早漏が改善される場合があります。
バイアグラ・レビトラ・シアリスなど、ED治療薬には様々なものがあり、どれも性行為時に役に立てる薬となっています。
薬はEDを治療してくれるだけではなく、長時間性行為を楽しむことができるので女性を満足させることができます。
ネット通販ではタダシップやメガリスといった値段の安いジェネリックタイプなども販売しているので、若い方でも気軽に購入することができます。
早い段階で早漏やEDといった症状を治療し、お互いに満足できる性行為を行いましょう

ED治療薬の中には早漏改善の成分を含んだタイプもあります。相場の方はネットによりますが、改善できるからと言ってその薬が自分に合うかは実際に使ってみないとわかりません。ですが、より早い段階で治療を行いたい場合はそちらを選ぶと良いと思います。自分に合う薬で改善を目指しましょう。